ローディング中

Loading...

雑穀がカラダに良い事は「キヌア」の登場などでみなさんご存知かと思いますが、具体的にどの雑穀がどんな風に良いのかという事までご存知でしょうか。今回は雑穀の種類ごとにどのような効果があるのかをご紹介します。

栄養価が高い雑穀とその効能

雑穀とは、日本人が主食(主穀)以外に利用している穀物のことを指します。 白米に混ぜて食べる雑穀ご飯など普段食べている食事にプラスするだけで、カロリーはほとんど変わらずに食物繊維やビタミン・ミネラルなどの栄養を豊富にとることができます。 そこで、栄養価の高い雑穀の種類とその効能についてご紹介します。

雑穀の種類とその効能

1.大麦

大麦は、穂の形状により二条大麦と六条大麦に分けられます。二条大麦はビールや焼酎の原料に、六条大麦は麦茶や大麦麺などの食用に加工されています。 不溶性と水溶性の食物繊維がバランスよく含まれており、その含有量は白米の約20倍!なかでも豊富なのが、水溶性食物繊維の「β-グルカン」です。 β-グルカンは体内の水分を吸収しゼリー状になってゆっくり消化され、糖質の吸収をゆるやかにする働きがあります。その他、むくみや高血圧予防に効果的なカリウムやカルシウムが豊富です。

2.あわ

縄文時代より食べられてきた日本最古の穀物の一つ。表面の色素は、抗酸化力を持つポリフェノールです。 エネルギーを燃やすために必要なビタミンB群や鉄分・マグネシウムが豊富で、くせがなく甘みがあり食べやすい雑穀です。

3.ひえ

あわと並んで日本最古の穀物と言われています。「冷え」に耐えることから名づけられたほど寒さに強く、寒冷地でも作られる救荒作物です。 食物繊維・鉄分・亜鉛・カリウムなどが多く、くせのない味わいですが、冷めるとパサパサに。ひえ単独ではアクが強いため、白米と混ぜて食べることをおすすめします。

4.きび

「ももたろう」の中に出てくるきびだんごの原料として良く知られています。表面の黄色い色素は、抗酸化力を持つポリフェノール。 甘みがあり冷めてももちもちとした食感があるので、お弁当に向いています。脂質の代謝を促すビタミンB2が多く含まれているので、ダイエット中やオイリー肌で悩む人におすすめです。

5.黒米

黒い色は抗酸化力をもつ「アントシアニン」によるもの。体内で活性酸素が過剰に増えると、細胞や血管を傷つけ、動脈硬化の原因や老化の進行に関係があるといわれていますが、アントシアニンはこの活性酸素の働きを抑える働きがあります。 さらに、血中総コレステロール値の低下や善玉コレステロール値(HDL)の上昇などの効果があることも分かっています。白米と一緒に炊くとアントシアニンの色素により赤飯のような色合いになります。

6.赤米

日本に稲作が伝わってきた時の米が赤米だといわれています。食物繊維・マグネシウム・ビタミンB1が豊富。 また、赤い色は「プロアントシアニジン」という色素で、活性酸素による肌の老化を防ぐため、美肌効果が期待されています。

7.アマランサス

アンデスで古くから栽培されている穀物。「スーパーグレイン(驚異の雑穀)」とも呼ばれており、タンパク質や脂質・ミネラル・食物繊維がずば抜けて豊富です。 種皮が柔らかく精白せずに食べられるため、栄養を丸ごと摂ることができますが、独特の香りがあるので加減して使う必要があります。

8.キヌア

栄養価がとても高いため、アメリカのNASAが21世紀の主食になると発表し注目を集めたキヌア。 低カロリーで、タンパク質・カルシウム・鉄分・食物繊維などの栄養素がギュッと詰まっています。低GI食品で腹持ちも良いため、サラダやスープに利用するとダイエット中の強い味方に。 いつもの白ご飯を雑穀に変えるだけで、代謝に欠かせないビタミンB群をはじめ、さまざまな栄養素を補給できます。 さらに、噛む回数が増えて満腹感を得られやすいためダイエット効果も。自分のお気に入りの雑穀を見つけると、食事がもっと楽しくなりますよ。
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パイナップル

酢豚のパイナップル、好きですか?苦手な人の多い食材ですが、肉を柔らかくする効果があると言われていますよね。ガマンして食べていた人には残念なお知らせです。なんと、今まで食べてきたパイナップルは肉を柔らかくできて…

カニ

みなさん、毛ガニを買われたことはありますか?お店では食べたことがあっても、お家で食べる機会ってなかなかありませんよね。毛ガニの旬って一体いつなの?食べ方は?そんな疑問にお答えすべく、今回は毛ガニの基本知識につ…

にんにく

適度に食べれば健康効果の高い、にんにく。でもにんにくを食べ過ぎると、口臭はもとより、さまざまな体の不調の原因になりかねないことをご存じですか?にんにくの食べ過ぎによって考えられる不調と、1日の摂取量の目安をま…

レシピ

みなさんは「もち麦」をご存じでしょうか。お米に「もち米」があるように、麦にも「もち麦」があるんです。もち麦の栄養価は高く、健康食品として注目されつつあります。今回は、もち麦のうれしい栄養素や、もち麦を使ったレ…

トマト

トマトジュースでダイエット。話題にもなったダイエット法なので、聞いたことがある方も多いと思います。しかし、どうやるの?と実際にその実践方法や飲む分量、コツなどを知っている方は少ないのではないでしょうか。簡単な…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

体に悪い食べ合わせってご存知ですか?「ウナギと梅干し」など有名なものは数種類。知られていない恐ろしい食べ合わせが意外すぎるんです…。突然死や、ガン、認知症などの病気を未然に防ぐために今日から避け…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

まとめ

いつもの行動に「ちょっとだけ」加えるだけの、キッチンで役立つライフハックをご紹介します。こんな時良い方法ないかな~?とお悩みの方に、使えるものばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからInstagramで話題の食べ物など、食に関わる幅…

秋と言えば、1年で1番お米がおいしい季節。この時期に食べられるお米は「新米」と呼ばれ、水分含有量が多いのが特長です。せっかくですから、炊き方にもこだわってみませんか?ごはんをおいしく炊くなら、「土鍋」の構造が…

パン

大正11年創業の「フジパン」、今じゃ知らない人はいないほど人気の製造パンです。スナックサンドの元祖でもあるフジパンで、いつもと違う美味しさが楽しめるアレンジ法をご紹介します。コーヒーのお供や、朝食の1品の参考…

まとめ

美容に欠かせない栄養素といえばコラーゲン。コラーゲンから抽出されるゼラチンは体内での吸収率が高く、たんぱく質が豊富です。ゼラチンを摂ることはコラーゲンを摂ることとほぼイコールで、美容や健康への効果も注目されて…

rinda

全国食べ歩きが趣味です。あとフードイベント系はもっと大好きです。