ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

どんな料理にも使いやすくて身近な「キャベツ」は、新年会続きでちょっとお疲れ気味の胃腸をいたわるのにピッタリのお野菜。もちろん美容にも◎です!この季節にぜひ食べたいキャベツのインナービューティーパワーと、おいしい簡単レシピをご紹介します。

キャベツってどんな野菜?

アブラナ科のキャベツはもともと、古代ケルト人が栽培していた野生のケールが原産種といわれています。青汁やスムージーの材料として人気のケールは、葉が空に向かってまっすぐに伸びています。そのまっすぐに伸びた葉が長い栽培の歴史の中でどんどん進化して、球形をした今のキャベツとなりました。

一年を通じてスーパーや八百屋で買うことのできるキャベツですが、冬キャベツの旬はまさに今!キャベツにはインナービューティーに役立つビタミンがたっぷりと含まれています。キャベツを食べてカラダに取り入れたいビタミンをいくつかご紹介します。

胃腸をいたわる「ビタミンU」

キャベツには水溶性ビタミンの一種、ビタミンUが豊富に含まれています。
これはキャベツならではの重要な栄養素で、胃もたれや胃潰瘍などの予防、また肝臓の機能回復などの効果が期待されます。ビタミンUは「キャベジン」とも呼ばれており、胃腸薬の主成分としても欠かせません。

美肌に嬉しい「ビタミンC」

キャベツには、可食部100gあたり41gと、ビタミンCもたっぷり含まれています。
ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートしたり、感染症を予防したりする働きがあります。本格的な寒さが続くこの時期は、風邪やインフルエンザなどが心配ですよね。キャベツの葉は大きいもの2~3枚で一日のビタミンC推奨摂取量を満たすといわれています。みかんやイチゴなど旬の果物と合わせてお料理にキャベツを使えば、一日に必要なビタミンCをしっかり補給できちゃいます♪

骨の健康に欠かせない「ビタミンK」

また、キャベツにはビタミンKも豊富です(可食部100gあたり78㎍)。
ビタミンKは腸内細菌によって体内でも作られるビタミンですが、腸内環境が乱れると不足してしまうため食べ物からも摂る必要があります。食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどが原因となって腸内環境の乱れが起こりますが、とくに新年会が続くこの時期は体内のビタミンKが不足しがちです。
ビタミンKは血液の正常な凝固や健康な骨の形成に欠かせないビタミンです。怪我をして出血してしまった時、自然に血が止まるのにはビタミンKが関わっています。
またビタミンKはカルシウムを骨の中に効率よく取り込む働きをサポートしてくれます。妊活中や妊娠中のママさんにとっては胎児の発育にも欠かせません。健康で丈夫なカラダを維持するために不可欠なビタミンなのです。

「冬キャベツ」と「春キャベツ」の違いは?

日本のキャベツは「冬キャベツ」と「春キャベツ」の2つに大きく分類できます。

冬キャベツ

冬キャベツはまさに今が旬!艶やかで堅い葉がぎゅっと隙間なく詰まっているのが特徴で、手で持つとずっしりとした重みを感じます。ポトフや鍋料理などの煮込み料理やスープにピッタリです。

春キャベツ

3〜5月頃に旬を迎える春キャベツは、ふんわりと柔らかい葉がソフトに折り重なっているのが特徴。手に持ってみると、冬キャベツとはまるで別の野菜かと思うような軽さです。水分を多く含んだやわらかな春キャベツの葉は甘みが強く、サラダなど生食に向いています。

かわいいだけじゃない「芽キャベツ」

芽キャベツとはキャベツの変種で、その見た目はまるでキャベツの赤ちゃん!
手のひらに5~6個はのせられそうな小さくて丸いベビーキャベツは「ヒメカンラン(姫甘藍)」という別名でも知られています。主に煮込み料理にまるごと使われます。

芽キャベツの特徴は、なんといってもビタミンCの豊富さです。こんなに小さくてかわいいのに、なんと普通のキャベツの約4倍、みかんの約5倍、レモンの約1.5倍ものビタミンCを含んでいるのです!

また普通のキャベツと同じく、ビタミンUやビタミンK、食物繊維、葉酸も豊富に含んでいます。小さいのに栄養満点の芽キャベツはかわいいだけではなく、カラダに嬉しい栄養がぎゅっと詰まっているんですね。見かけたらぜひお料理に活用してみましょう。

【レシピ】キャベツとカシューナッツのバターソテー

それでは、栄養たっぷりのキャベツを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。

材料

・キャベツ …1/8個
・カシューナッツ …30g
・無塩バター …2かけ
・EXヴァージンオリーブオイル …小さじ1/2
・塩 …少々
・ブラックペッパー …少々

作り方

1. キャベツは太めの千切りにします。カシューナッツは手で砕いておきます。
2. フライパンにバター、オリーブオイルを入れて弱火にかけます。
3. バターが溶けたらキャベツを加え、しんなりするまで中火で炒めます。
4. カシューナッツを加え、塩・ブラックペッパーで味を整えれば完成です!
ソテーにするとかさが減るので、一度にたくさんキャベツを食べることができます。胃腸がお疲れ気味の時や、キャベツを早く消費したいという時におすすめです!

カシューナッツのかわりにクルミなどを使っても良いですが、歯ごたえが柔らかなカシューナッツは中華料理などにも使われるとおり炒め物に向く食材です。ぜひお試しください。

そのまま食べるのはもちろん、パスタに絡めたりソーセージと一緒にホットドッグにしたり、ハンバーグやごはんと合わせてロコモコ風にしたりしてもおいしいですよ♪
栄養満点でアレンジの幅も広い冬キャベツ。
旬の食材で体の中から元気に&キレイをみがき、寒い冬を乗り越えましょう!

次回予告

次回は、皮ごと食べられて小さな実に驚きの効能がたっぷり詰まった金柑についてご紹介します。オリジナルレシピもお届けするので、お楽しみに!
(写真&スタイリング/國塩亜矢子)

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

サラダ レシピ まとめ

色とりどりのフルーツサラダ、焼きみかんのブームとともに気になる存在ではないですか?今回は酸味をオレンジ系果物で出す、見た目が華やかで見ているだけで元気になる16のフルーツサラダをご紹介します。ビタミンCをサラ…

レシピ お菓子 アレンジレシピ まとめ

お菓子などによく使われるナッツ類の代表的存在とも言えるアーモンド。ついカロリーを気にしがちですが、栄養豊富でダイエットやアンチエイジング効果もあるんですよ!そんなアーモンドを使って、朝食やおやつ、おかずを作っ…

お弁当 レシピ まとめ ハンバーグ

一見ドーナツ?と思いきや実はハンバーグ♪というドーナツハンバーグを作っている方々がおられましたよ!かわいいしお弁当に入れるのにもぴったり。そんな愛らしいドーナツハンバーグのレシピを今日はご紹介して行きますね。

夏野菜 レシピ 沖縄料理 サラダ まとめ

苦みがおいしい夏野菜ゴーヤ、栄養も満点で夏バテ予防にも積極的にとりたいゴーヤ、でもいざ食べるとなるとゴーヤチャンプルーくらいしか知らなかったりしませんか?そこでおすすめのおいしいゴーヤレシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

レストラン バー 中目黒

中目黒駅の高架下に、約700mにわたって個性豊かな店舗が軒を連ねる商業施設がグランドオープン!施設名は、そのまま「中目黒高架下」。ファッション・飲食を問わぬ文化の発信基地・中目黒らしさを漂わせる、この注目スポ…

そろそろクリスマスの時期がやってきますね。「パーティーの飾りつけはどうしよう?」なんてお悩みの方もいるのではないでしょうか。そんな時は簡単に作れる「ペーパーポンポン」がおすすめ!基本的な作り方と食卓用のかわい…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/