ローディング中

Loading...

連載:あなたの知らないバタートーストの世界

お正月もバタートーストを食べるバタートースト評論家・梶田香織です。今回は、きな粉餅のようなやさしい甘さとザクザク&もっちり食感が癖になる「もちもちピーナッツサンド」の作り方をご紹介します。お餅料理に飽きてしまった方はぜひ試してみて!

お餅があるなら、ぜひ試してみて!

あけましておめでとうございます。お正月もあいかわらずバタートーストを食べているバタートースト評論家・梶田香織です。

みなさん、おそらくお正月にはお雑煮や焼き餅など、たくさんお餅を召し上がっていることでしょう。そう、今ちょうど家にお餅があるという方にぜひ作っていただきたいトーストレシピがあるんです。名付けて「もちもちピーナッツサンド」!
簡単な材料で5分あれば作れてしまう「もちもちピーナッツサンド」は、ザクッ、もちっとした食感がやみつきになるおいしさです。お餅は噛みきりにくくていまひとつ好きじゃない、という方にもこの食感はきっと気に入っていただけるはず!ぜひ作ってみてください。

もちもちピーナッツサンドの作り方

【材料】
・食パン(8枚スライス。それよりも薄くてもOKです)
・ピーナッツクリーム(粒ありタイプを使うと、いっそう食感を楽しめます)
・スライスしたお餅(しゃぶしゃぶ用のお餅。または切り餅をスライスしてもOK)

材料はたったこれだけです。
ピーナッツクリームは、あらかじめ室温に戻しておくかフォークなどで混ぜて柔らかくすると塗りやすくなります。
切り餅をスライスするときは手を切らないよう気をつけてくださいね。
【作り方】
1)食パン1枚にピーナッツクリームを塗ります。このとき、あまり端まで塗りすぎると焼いたときにこぼれてしまうので注意してください。

2)1にお餅を載せ、もう一枚の食パンと一緒にトースターで焼きます。ちょっと強めに焼くのがおすすめです。
3)焼けたら、素の食パンの方にもピーナツバターを薄く塗ります。お餅と食パンをくっつきやすくするためです。

4)お餅をサンドするように2枚の食パンを重ね合わせ、食べやすくカットしてできあがり。

とにかく熱いうちに食べて!

おいしく食べる秘訣は「冷めないうちに食べること」です。冷めてしまうとせっかくのトーストの食感が、ザクッとではなく、シナッとしてしまいます。

もし冷めてしまったら、お餅を挟んだままでもう一度トーストすると良いですよ。その際は、ピーナツクリームが溶け落ちないように注意してくださいね。

また、一人で食べるときは、食パン1枚を半分にカットしてハーフサイズで作ると、冷めないうちに食べきることができます。

朝食にも、おやつにもぴったり

パクッとかじってみれば、ピーナッツクリームとお餅の食感がうまくからまり、コックリとした深い甘みのきな粉餅のようなお味。ガツンと満足感の高い甘さは、朝に食べれば元気が出そう。おやつに食べれば疲れが取れそう。
どこか和風にも感じられる懐かしい味なので、お子様からお年を召した方にもきっとお口に合うはずです。

そして、なんといっても楽しいのが噛むたびに感じられる“ザクモチッ”、“ザクモチッ“という今までにない不思議な食感!
絶品ですので、ぜひぜひ作って体験してみて。この食感、きっとやみつきになりますよ。

ピーナッツクリームもいろいろ

今回の「もちもちピーナッツサンド」には、塗りやすいホイップタイプのピーナッツクリームを使いました。ピーナッツの粒入りで、砂糖も入っている甘いタイプです。
生の食パンに塗る場合、クリームが固いと塗りにくいので、こういったホイップタイプは便利です。

この他にも、粒の入っていないクリーム状のピーナッツペーストやピーナッツバターもあります。
ピーナッツバターには有糖と無糖タイプがあるので、お好みに合わせられますね。

ピーナッツバターを使うときは…

写真のようなピーナッツバターも有名ですね。こちらはピーナッツがゴロゴロ入ったタイプ。このタイプのピーナッツバターを使うと、“もちもち”にピーナッツの“カリッ、カリッ”が加わり、食感がさらに楽しくなります。

ピーナッツバターを使う場合、ピーナッツクリームより甘みが減ります。ですので、焼く前に砂糖をふりかけて、お好みの甘さに調節すると良いでしょう。

または、食パンを焼いてからピーナッツバターを塗る際にグラニュー糖をふりかけると、甘さがプラスされるうえに、グラニュー糖のジャリジャリとした食感が加わって、これまたおいしいのでお試しあれ!
ピーナッツバターは手作りすることもできますし、最近ではおしゃれなピーナッツバター専門店もありますよ。いろいろなピーナッツクリームやバターを食べ比べてみてはいかがでしょう。

姫路ではアーモンドバターが主流

兵庫県の姫路では、ピーナッツではなくアーモンドバターを使ったアーモンドトーストがソウルフードとして親しまれています。人気テレビ番組『秘密のケンミンSHOW』でも取り上げられ、一段と有名になりました。

姫路以外の町でも、メニューに取り入れるお店も。
アーモンドの形状はダイスカットだったりスライスだったりとお店によって様々なようですが、私が食べたお店のアーモンドはスライス状でした。
アーモンドトーストの表面はカラメリゼされたようになっていて、食べると軽くバリッとします。そして口の中に入ると、ジュワワワワ~、とジューシー!キャラメルのように甘~い味で、お子様が食べたら興奮しちゃいそうです。

姫路の「カフェ・ド・ムッシュ」という喫茶店が元祖ですが、いまでは姫路に限らず全国あちこちのお店でオリジナルのアーモンドバターが販売されています。
アーモンドバターは、パンに塗って焼くだけで手軽においしいアーモンドトーストが作れるので、機会があれば手にとってみてはいかがでしょう。
近ごろの食パンのトレンドはもちもち系。米粉を使った食パンも大人気ですね。
今回ご紹介した「もちもちピーナッツサンド」は、お餅を使って作るのでまさにもちもち♩
ピーナッツクリームのかわりにあんこや、海苔&お醤油など、アレンジも楽しんでみてくださいね。

この連載では今後もバタートーストの魅力をご紹介していきますので、今年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

これまでの記事はこちら

《あなたの知らないバタートーストの世界》の記事一覧

トースト 食パン

今回は「 “ちょい足し” バタートースト」をご紹介します。基本のバタートーストは大事にしながら、“ちょい足し” すると、あれ?おいしい!とビックリしたりついみん…

バター 食パン トースト

バタートーストはバターの塗り方次第でグンッとおいしくなります!トーストの仕上がりを大いに左右するバターナイフ。色々な種類がありますが、バタートースト評論家いちおしのバターナイフをご紹介。さあ、極上バタートース…

トースト 食パン

パンドミ!この言葉を聞くだけでワクワクしますね。バタートースト評論家の私も、様々な食パンの中でパンドミのトーストが最も好きです。でも「パンドミ」って一体なに?定義は?今回は、知っているようで知らないパンドミに…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

うどん レシピ まとめ

うどんは1年中通して美味しく食べられる食材ですよね♫これからの時期はそろそろ冷たいうどんも食べたくなる。今回は、そんなうどんの時短アレンジレシピを5つご紹介します。最後に、お得なお取り寄せ情報もあるのでお見逃…

レシピ 豆腐 まとめ

冷奴はお豆腐をお皿に移してかつおを乗せて…それで十分においしい!日本人にはなくてはならないメニューですが、トッピングを変えるだけで簡単に日替わりメニューや、食べ応えのあるお料理としてのひと品に仕…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

鶏肉

焼き手羽の旨味がスープに染み込んだ、変わり湯豆腐のレシピを紹介します。鶏手羽はあらかじめ表面をこんがりと焼くので、スープがすっきりと美味しく仕上がります。湯豆腐なのに、スープまで飲み干したくなるはず!寒い日は…

トマト 缶詰 鶏肉 かぼちゃ おつまみ

肌寒くなってくると煮込み料理が恋しくなりますね。今回ご紹介するのは、短時間で美味しく仕上がるトマトクリームの煮込み料理。コツを押さえると、たった30分程度で作ったとは思えない濃厚な風味のおつまみになりますよ。…

バタートースト評論家 梶田香織

バタートースト評論家。喫茶店王国・名古屋生まれ、バタートースト食べ...

http://presenjapan.jp/