ローディング中

Loading...

2015年は『ブルーボトルコーヒー』の日本出店など、コーヒーの「サードウェーブ」が話題になりましたが、2016年は「フォースウェーブ(第4の波)」が来るといわれています。一体どのような波がコーヒー業界に来るのでしょうか?

2015年の「サードウェーブ」

2015年は、コーヒー界の「アップル」ともいわれる『ブルーボトルコーヒー』が日本出店を果たし、コーヒーのサードウェーブ(第3の波)で沸きましたね。

2016年は早くも、フォースウェーブ・第4の波が来るとされています。そしてこのフォースウェーブ、実は「どんなコーヒーがフォースウェーブとなるか」ということについて、ふたつの説が唱えられているので、ご紹介したいと思います。コーヒーのトレンドをちょっとだけ先取りしちゃいましょう。

① サードウェーブ+コミュニケーション

まずひとつ目の説は、“サードウェーブコーヒーにコミュニケーションをプラスしたもの”という説。つまり、お客さんとの交流を大切にする昔ながらの喫茶店のようなものですね。
その説を唱えている方が、サードウェーブコーヒーのパイオニアとも言われている『猿田彦珈琲』店主・大塚朝之(おおつか ともゆき)さんです。最近ではテレビCMにてご覧になった方も多いのではないでしょうか?

大塚さんが目指す「フォースウェーブ」

大塚さんが目指しているのは、サードウェーブコーヒー(品質の高いコーヒー)を提供しつつ、お客さんとのつながりや交流を大事にする喫茶店を“自分から”発信するということ。
コーヒーの質にばかり重点を置くのではなく、サービスをはじめとする“コミュニケーション”の部分もきちんと重要視する「フォースウェーブ」を目指しているようです。

「ありがとう」の一言が聞きたくて

大塚さんは、コーヒーの味には絶対的な自信を持っています。
ですが、その目的は“美味しいコーヒーを提供する”ということではなく、“コーヒーを味わったお客さんから「ありがとう」という言葉を聞ける”ことだと感じたそうです。
そこで大塚さんは2015年の2月、地元の東京・調布市に『猿田彦珈琲 アトリエ仙川』を開店。ここでは、お客さんとの交流を大切にすることを目標にしています。
この『アトリエ仙川』から、「フォースウェーブ」が発信できることを大塚さんは願っているのだそうです。猿田彦珈琲の活躍に、これからも目が離せませんね。

② 高品質なコーヒーを自宅で手軽に

ふたつ目の説は、ブルーボトルに代表されるようなロースターの味を“自宅で簡単に楽しめるようになる”ということ。そのカギを握っているのが、ドリップバッグコーヒー(ドリップコーヒー)です。
ドリップバッグコーヒーとは、粉末状のコーヒー豆が入ったフィルター内蔵の袋です。バッグを開いてお湯を注ぐだけで、インスタントコーヒーよりもおいしいコーヒーが手軽に飲めるということで、オフィスや自宅で見かけるケースは多いですよね。 ただ、一杯分の相場がおよそ15円ほどということもあり、これまで味のクオリティへの期待はさほどされていなかったのも事実。

しかし最近では、ロースターの味を自宅で簡単に楽しめるような高品質なドリップバッグコーヒーの販売数が増えはじめており、風味や味の再現性も店舗で飲むコーヒーのレベルに近づいていると言われています。これまでは店舗に足を運ばない限り飲むことができなかったスペシャリティーコーヒーの味を、より身近に楽しめる可能性を秘めているのがドリップバッグコーヒーの魅力です。

また、これまでのコーヒームーブメントを振り返ってみると、フォースウェーブのトレンド予想もしやすくなるでしょう。

ファーストウェーブで人々にとってコーヒーがポピュラーな飲みものになり、セカンドウェーブでは高品質の深入りの豆で抽出したコーヒーが好まれる時代が到来しました。そしてサードウェーブで重要視されたのは、豆の生産地や抽出の工程など細部へのこだわりです。ファーストからセカンドでコーヒーがより身近な存在になったように、サードからフォースでもより一般化が加速する流れは、想像にかたくありません。

終わりに

さて、「フォースウェーブ」は果たしてどんな流れになるのでしょうか?
お店で店員さんとの交流を密にしてコーヒーを味わうのか、自宅でのんびりコーヒーをお好みの味にして飲むのか、あるいは二極化していくのか……。
いずれにせよ、コーヒー界の新しい波はまだまだ続きそうですね。
2016年は、あなたのコーヒータイムも少し違うものになるかもしれません!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ スムージー ドリンク

ラテアートに続いてブームになりそうなアートスムージー。その発信源にもなっている仙台のカフェミティークについて詳しくご紹介します。キラキラでかわいいカフェミティークのアートスムージーにハマる人続出。これを読んで…

レシピ まとめ

これから旬を迎える「かぶ」。大根に比べて短時間でとろとろに仕上がるのも魅力のひとつです。今回はかぶの栄養や選び方、「かぶの煮物」の人気レシピから、下茹でのコツなどをご紹介!ひき肉やかぶの皮を活用したレシピもお…

ブロッコリー スープ レシピ まとめ

ブロッコリーはサラダで食べることが多いですが、意外にも簡単にスープにすることができ、そのスープレシピはアレンジがたくさんあるのです。食感や色、味を活かしたスープはどれもおいしいですよ。年中スーパーに並ぶブロッ…

調味料 レシピ まとめ

コストコでは、ビッグサイズの食べ物や日用品を購入することができますよね。実は、調味料にもおすすめしたい商品が。なかには普通のスーパーでは手に入らないようなものもあるので、目が離せません!今回はそんなコストコの…

おしゃれ まとめ

100均でもおしゃれな品ぞろえに定評がある「セリア」。レンジフードフックという商品もセンスがあってGOODということで、Instagramでも評判を呼んでいます。どのような商品なのか、みんながどう活用している…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ アレンジレシピ まとめ

薬味や鍋で使うことの多いねぎですが、「焼きねぎ」が今SNSで「簡単でおいしい」と話題なんです。焼くと甘味が出て食べやすくなるだけじゃなく、健康効果もアップするんですよ。そんな「焼きねぎ」を使ったおいしいアレン…

今年も残すところあとわずか。あっという間に年末の大イベント、クリスマスが近付いてきます。クリスマスと言えば、日本ではケンタッキーフライドチキンが定番ですが、これはなぜなのでしょう。また海外ではどうなのでしょう…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...