ローディング中

Loading...

2015年は『ブルーボトルコーヒー』の日本出店など、コーヒーの「サードウェーブ」が話題になりましたが、2016年は「フォースウェーブ(第4の波)」が来るといわれています。一体どのような波がコーヒー業界に来るのでしょうか?

2015年の「サードウェーブ」

2015年は、コーヒー界の「アップル」ともいわれる『ブルーボトルコーヒー』が日本出店を果たし、コーヒーのサードウェーブ(第3の波)で沸きましたね。

2016年は早くも、フォースウェーブ・第4の波が来るとされています。そしてこのフォースウェーブ、実は「どんなコーヒーがフォースウェーブとなるか」ということについて、ふたつの説が唱えられているので、ご紹介したいと思います。コーヒーのトレンドをちょっとだけ先取りしちゃいましょう。

① サードウェーブ+コミュニケーション

まずひとつ目の説は、“サードウェーブコーヒーにコミュニケーションをプラスしたもの”という説。つまり、お客さんとの交流を大切にする昔ながらの喫茶店のようなものですね。
その説を唱えている方が、サードウェーブコーヒーのパイオニアとも言われている『猿田彦珈琲』店主・大塚朝之(おおつか ともゆき)さんです。最近ではテレビCMにてご覧になった方も多いのではないでしょうか?

大塚さんが目指す「フォースウェーブ」

大塚さんが目指しているのは、サードウェーブコーヒー(品質の高いコーヒー)を提供しつつ、お客さんとのつながりや交流を大事にする喫茶店を“自分から”発信するということ。
コーヒーの質にばかり重点を置くのではなく、サービスをはじめとする“コミュニケーション”の部分もきちんと重要視する「フォースウェーブ」を目指しているようです。

「ありがとう」の一言が聞きたくて

大塚さんは、コーヒーの味には絶対的な自信を持っています。
ですが、その目的は“美味しいコーヒーを提供する”ということではなく、“コーヒーを味わったお客さんから「ありがとう」という言葉を聞ける”ことだと感じたそうです。
そこで大塚さんは2015年の2月、地元の東京・調布市に『猿田彦珈琲 アトリエ仙川』を開店。ここでは、お客さんとの交流を大切にすることを目標にしています。
この『アトリエ仙川』から、「フォースウェーブ」が発信できることを大塚さんは願っているのだそうです。猿田彦珈琲の活躍に、これからも目が離せませんね。

② 高品質なコーヒーを自宅で手軽に

ふたつ目の説は、ブルーボトルに代表されるようなロースターの味を“自宅で簡単に楽しめるようになる”ということ。そのカギを握っているのが、ドリップバッグコーヒー(ドリップコーヒー)です。
ドリップバッグコーヒーとは、粉末状のコーヒー豆が入ったフィルター内蔵の袋です。バッグを開いてお湯を注ぐだけで、インスタントコーヒーよりもおいしいコーヒーが手軽に飲めるということで、オフィスや自宅で見かけるケースは多いですよね。 ただ、一杯分の相場がおよそ15円ほどということもあり、これまで味のクオリティへの期待はさほどされていなかったのも事実。

しかし最近では、ロースターの味を自宅で簡単に楽しめるような高品質なドリップバッグコーヒーの販売数が増えはじめており、風味や味の再現性も店舗で飲むコーヒーのレベルに近づいていると言われています。これまでは店舗に足を運ばない限り飲むことができなかったスペシャリティーコーヒーの味を、より身近に楽しめる可能性を秘めているのがドリップバッグコーヒーの魅力です。

また、これまでのコーヒームーブメントを振り返ってみると、フォースウェーブのトレンド予想もしやすくなるでしょう。

ファーストウェーブで人々にとってコーヒーがポピュラーな飲みものになり、セカンドウェーブでは高品質の深入りの豆で抽出したコーヒーが好まれる時代が到来しました。そしてサードウェーブで重要視されたのは、豆の生産地や抽出の工程など細部へのこだわりです。ファーストからセカンドでコーヒーがより身近な存在になったように、サードからフォースでもより一般化が加速する流れは、想像にかたくありません。

終わりに

さて、「フォースウェーブ」は果たしてどんな流れになるのでしょうか?
お店で店員さんとの交流を密にしてコーヒーを味わうのか、自宅でのんびりコーヒーをお好みの味にして飲むのか、あるいは二極化していくのか……。
いずれにせよ、コーヒー界の新しい波はまだまだ続きそうですね。
2016年は、あなたのコーヒータイムも少し違うものになるかもしれません!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

アレンジのしやすいベーコンは、いろいろな料理で重宝されています。今回は、ベーコンを使ったパスタのレシピを見ていきましょう。定番人気からアレンジしたものまで、いろんな味で楽しめるレシピは、普段の生活で作ってみた…

和食 まとめ

風邪をひいたときや、あまり食欲がないときに活躍してくれる「雑炊」。定番メニューとして「卵雑炊」が挙げられますが、じつはほかにもさまざまな素材を使って作れるんですよ。今回は、雑炊の人気レシピをたっぷりとご紹介し…

コーヒー ドリンク

スターバックスから、新感覚のアイスコーヒー「スターバックス® ナイトロ コールドブリュー コーヒー」が東京の2店舗での先行発売に続き、新たに4店舗でも登場。なめらかでクリーミーな味わいの、…

レシピ ラーメン まとめ

しらたきは低カロリーで食べごたえがあり、ヘルシーな食材として人気がありますよね。ご飯に入れてかさ増ししたり、パスタ風に食べることもできます。今回は下茹での方法と、定番おかずに加えたいレシピを、さまざまなジャン…

中華 餃子 スープ 中華料理 まとめ

つるっと口に入って、「ハフハフ」とおいしい水餃子。今回は、水餃子の基本の作り方や、水餃子を使った人気のレシピをご紹介します。スープやお鍋などで温まったり、具材をアレンジして簡単に普段と違う味を楽しんだり&he…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

レシピ チョコレート まとめ

バレンタインもいよいよ目前に迫ってきました。今年は手作りのトリュフチョコレートに挑戦してみませんか?何となく難しそうですが、実際は簡単にできるんですよ。形も味も手作りの良さが生きる自分だけのオリジナルトリュフ…

まとめ

最近ウェブニュースでもピックアップされた「牛乳は振るとおいしくなる」という噂、これって本当なの?味覚が鋭敏な人には違いがわかるそうです。なぜ味が変わるのか、さらに振り続けたらはたしてバターが作れるのか、あわせ…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/