ローディング中

Loading...

連載:アーユルヴェーダに魅せられて〜究極のシアワセ思考法〜

一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表の工藤万季がお届けする連載コラム第2弾。生き生きとした体とマインドづくりの基礎となるアグニ(消化力)を高めるためにできるアーユルヴェーダ式・理想の食事法をご紹介します♩

アーユルヴェーダの食事の原則

前回の記事では「アーユルヴェーダとは?」について、簡単に紹介しました。アーユルヴェーダは、健康でいるためのメソッドのこと。もちろん食事法にもアーユルヴェーダのさまざまな知恵と工夫があります。

アーユルヴェーダ式食事が目指すのは次の3点です。
1. アグニ(消化力)を高める
2. アーマ(未消化物)を抑える
3. マラ(老廃物)の生成を高める
アグニ(消化力)を高めることによって、アーマ(未消化物)が体内に蓄積されないようになります。そして、いらないものはマラ(老廃物)となり、汗、尿、便として体外に排出されます。

このように身体はとてもシンプルな働きをしています。この循環を促進することが理想であり、健康と美を手に入れる近道となります。
逆に、アグニが低下しアーマが生成されると、病気の原因となり健康から遠ざかってしまうのです。

大切なのはアグニを高めること

アグニとは私たちの体や心の中で変化し、吸収してくれるエネルギーのこと。消化の火とも呼ばれます。
「消化」と聞くと、胃腸や小腸・大腸などがイメージされますが、アーユルヴェーダにおける「消化」とは体内に取り込まれた食べ物(栄養)をエネルギーに変換し吸収することを意味します。

アグニは体内のあらゆる場所に存在するものと考えられています。食べ物の消化吸収や感情の受け入れ、細胞の変換、体温調整などにかかわり、寿命に大きく影響するとも言われています。

アグニは消化力とも呼ばれますが、消化力とは栄養を吸収し、同化する力。そして、体内の毒素形成を最低限に抑える力。毒素を排出する力です。
健康にとって大切なのは、自分のアグニを高めてあげること。
消化力を弱めてしまうと、栄養分を吸収できず、消化不良を起こしたり余分なものを吸収したりしてしまいます。
またアーマ(未消化物)が増え、病気の原因ともなります。アーマは食べ物の未消化だけでなく、未解決の感情といった心の未消化の蓄積も含まれます。

消化の3段階

1. 口に入れたとき
口に入れたとき舌で味を感じ、唾液によって第1段階の消化が始まります。ふだん味の濃い食事や添加物が多い食品などを食べている人は本来の味を感じにくくなっています。まずはよく噛んで、たっぷりの唾液で消化をスタートさせましょう。
2. 消化中
口から胃へ食べたものが移動していきます。そして胃で消化され、小腸の終わり・大腸の始まりのところで栄養が吸収されます。小腸大腸で栄養吸収ができるよう、胃でしっかり消化できるものを食べてあげることが大切です。
3. 消化後
大腸で吸収されたものは次に血しょうとなります。そして血液→筋肉→脂肪→骨→骨髄→生殖器へと消化されていきます。これら7つの組織をアーユルヴェーダでは「ダートゥ」といいます。
ダートゥは食べ物の消化によって作られています。正しい食事をし、しっかり消化されれば、十分な血しょうができます。血しょうが十分にあれば、血液も十分に作られます。そして最後には十分な生殖組織ができるわけです。

自分の体質に合わない食事をしたり、消化力が弱かったりすると食べ物の消化が不十分となり、結果としてダートゥが乱れてしまいます。

これが本格アーユルヴェーダごはん

わたしが食べている本格アーユルヴェーダごはんをご紹介します。
上の写真はハワイ留学中に食べていたものです。キヌア入り玄米やかぼちゃ、アボカドなど。味付けはどれも塩とスパイスのとてもシンプルなもので、たくさんの食材は使わず3、4種類の食材を使って調理します。
朝食は新鮮なフルーツもおすすめ。フルーツはフルーツだけで食べるのがアーユルヴェーダ方式です。他のものと一緒に食べてしまうと消化を悪くし、アグニを弱めてしまいます。
こちらはジンジャーアペタイザー。食前20〜30分に食べるとアグニを強めてくれます。
すりおろしたジンジャーに、少しのレモンと自然塩を加えるだけの簡単レシピです。

アーユルヴェーダ的・理想の食事

アーユルヴェーダにおける理想の食事にはいくつかのポイントがあります。

タイミング

アーユルヴェーダでは朝、昼、夜と1日3回規則正しく食事することが勧められています。

寝る3〜4時間前には食事を済ませましょう。
食べる時はきちんと座り、食事に意識を集中します。TVを見たり、携帯をいじったりといった「〜ながら」の食事は控えます。
そして、リラックスし感謝の気持ちを持って食べましょう。怒りや悲しみ、興奮状態で食べるとアグニが弱まってしまいます。

量と種類

食事の量は、自分の手で持てるどんぶりくらいの量が理想です。
腹八分目を心がけ、げっぷが出たら食べるのをやめます。食べすぎるのは良くありませんが、食べなすぎるてもアグニを弱めます。

動物性タンパク質を過剰に摂ることを控え、良質なオイルとスパイス、新鮮な野菜を火に通し、全粒穀物とともにいただきます。生のものは消化が悪く、アグニを弱めてしまうのであまりおすすめしません。また加工食品、コンビニ食品、ファストフード、揚げ物、精製食品もアグニを弱めるのでおすすめしません。

グナ(性質)とラサ(味)

アーユルヴェーダではグナとラサを大切にします。

グナとは食べ物が持つ性質のこと。
軽さ、重さ、乾き、湿り、温かさ、冷たさの6種類があります。食べ物はこの6つのグナ(性質)に分けられ、ドーシャ(体質)のバランスを保つためにグナを考えながら食材を選んだり、味を決めたりしていきます。

ラサとは味のこと。
味覚には甘味・酸味・塩味・辛味・渋味・苦味の6種類があります。アーユルヴェーダではこの6つの味を一度の食事に取り入れます。
アーユルヴェーダの食事について理解できたでしょうか。
はじめは難しく感じるかもしれませんが、とてもシンプルな食事法です。少しずつ生活の中に取り入れていくことで身体もマインドも変化してきますよ。

《アーユルヴェーダに魅せられて〜究極のシアワセ思考法〜》の記事一覧

カレー

みんな大好きなカレー。でも、大量に作った結果、連日食卓に並び続けてしまうのもカレーの特徴です。今回は、そんないつものカレーのちょっと違った食べ方、「カレーフォンデュ」を美と健康によいアーユルヴェーダ式レシピ…

カレー レシピ

アーユルヴェーダというとエステを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は食事も重要なんです。今回は、崩れたバランスを整える療法のひとつとして、今流行の兆しを見せているスリランカカレーをピックアップ。簡単につくれ…

レシピ まとめ

野菜には体にいい栄養素がたっぷり!アーユルヴェーダの料理でも野菜は必須食材です。野菜にしっかり火を通し、消化をよくする。これがアーユルヴェーダ式。今回は、皆さんの体のお悩みに合わせた、おいしい温野菜を使ったレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね?今回は朝に特に何を食べるといいのかについてご紹介したいと思います。海外のニュースを元にお話ししますね。朝食を作るときに是非参考になさってください。

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ きのこ サラダ まとめ

きのこは食物繊維も豊富で腸内環境を整えてくれる食品です。カロリーも控えめですのでダイエットにもぴったりですよ。今回は、きのこに含まれる栄養素を改めてご紹介、サラダレシピもまとめました。秋の味覚きのこでヘルシー…

パン レシピ イタリアン ピザ

食感がおいしいイタリアのパン、フォカッチャ。手作りするのは難しそう、と思われがちですが、意外と簡単に自宅でも作れてしまうんです。基本のレシピからアレンジレシピまで、もっちり食感のフォカッチャレシピやおいしい食…

工藤万季

一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表理事の工藤万季...

https://www.instagram.com/makikudooo/