ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

先端が尖ったブロッコリーのような、なんとも不思議な印象の「ロマネスコ」。日本ではまだまだ珍しい野菜ですが、見た目とは裏腹にクセがなく、加熱すると柔らかな歯ごたえに。冬が旬のロマネスコには、体にうれしい栄養素がたっぷり含まれています♩

ロマネスコってどんな野菜?

冬が旬のちょっと珍しい野菜「ロマネスコ」はイタリア語の名称で、ヨーロッパ発祥のアブラナ科のブロッコリーやカリフラワーに似ています。

日本では「カリッコリー」「カリブロ」「珊瑚礁」などとも呼ばれ、12月から2月頃まで流通します。ほんのり甘みがあり、食感は思った以上に柔らかくカリフラワーに似ています。

特徴はなんといっても、その見た目。
まるで小さなクリスマスツリーが密集したかのような不思議なルックスは、まさにホリデーシーズンにぴったりのお野菜です。クリスマスの食卓に登場させて、お友達や家族をあっと驚かせちゃいましょう!

のちほどクリスマスにおすすめのレシピをご紹介します。

栄養たっぷりのロマネスコ

ロマネスコは日本ではまだまだ珍しく、食べたことのない方が多いかもしれません。
でも、そんなのもったいない!ロマネスコにはカラダの中からきれいになれる栄養がたっぷり含まれているんですよ。

ビタミンCが豊富!

ロマネスコにはビタミンCが豊富で、100g中に60mg近く含まれています。
ブロッコリーやカリフラワーに比べるとやや少ないものの、野菜の中ではトップクラスの含有量です。ちなみに、人参100g中のビタミンCは約5mg。人参の12倍のビタミンCが摂れるなんて、すごいと思われませんか?

ビタミンCは免疫力アップやコラーゲンの生成に働きかける重要な栄養素。冬は、空気の乾燥で風邪をひきやすかったり、肌トラブルを起こしたりしやすい季節です。ビタミンCが豊富な食材を上手に取り入れて、カラダの中からしっかりケアしましょう。

ほかにも栄養素がたっぷり

ロマネスコには他にも、腸内環境を整えてくれる食物繊維、むくみや高血圧を予防してくれるカリウム、丈夫な骨や歯の形成に欠かせないカルシウム、貧血予防に効果的な鉄分など、私たちの健康なカラダに必要な栄養素がバランスよく含まれているんですよ。

外食続きでちょっと栄養が足りてないな……という人や、いつも以上に栄養が必要な妊活中や妊娠中の人にはおすすめの冬野菜です。

ロマネスコの選び方と食べ方

いくら栄養が豊富でも、「どうやって食べたらいいのかしら」「どんな味なのか分からない」ーーそんな風に思って、避ける人が多いかもしれませんね。
おいしいロマネスコの選び方と食べ方をご紹介しますので参考にしてください。

ロマネスコの選び方

ロマネスコは開く前の蕾を食べる野菜です。先端部分が開いておらず、キュッとよくしまっているものがおすすめ。淡い黄緑からオフホワイトの色味で、傷がないものを選びましょう。

おいしく食べるには

ロマネスコはブロッコリーのように小房に切り分けてから、沸騰したお湯で2〜3分茹でましょう。切り分けずにそのまま茹でると、根元に近い厚みのある部分と先端の細い部分で火の通り方に差が出てしまいます。ほぼ同じ大きさ、厚みにすることで均一に火が通ります。

茹でたあとは水にさらさないこと!ブロッコリーと一緒で、水にさらすと水っぽくなってしまいます。ザルに上げて水気をしっかり切ったあと、さらにキッチンペーパーで水気を拭き取りましょう。

余ってしまったら

一度に食べきれない場合は、さっと茹でて水分をよく拭き取り、ラップに包んで小分けし、さらにフリーザーバッグに入れて冷凍するといいですよ。
冷凍したものは2週間をめどに使い切ってくださいね。

ロマネスコを使った簡単レシピ

それでは、ホリデーシーズンのパーティーにも使えるロマネスコを使った簡単レシピをご紹介します!料理が苦手な人でも簡単に作れちゃいますよ。

ロマネスコのスパイスオイル漬け

【材料】作りやすい分量
・ロマネスコ …1株
〈A〉
 ・オリーブオイル …適宜
 ・ローリエ …1枚
 ・クローブ …2粒
 ・カルダモンパウダー …少々
 ・セージパウダー …少々

【作り方】
1. ロマネスコを沸騰したお湯で約2分茹でる。
2. ざるに上げて湯切りした後、キッチンペーパーで水分をやさしく取り除く。
3. 煮沸消毒した清潔な瓶に、粗熱が取れた2を入れる。〈A〉を注げば完成。

* オリーブオイルはロマネスコ全体が浸かる量を注ぐこと!
* そのまま食べたり、ツナや生ハムと合わせてパスタやサンドイッチの具材にしたりと色々アレンジできます。

ロマネスコのツリーサラダ

【材料】作りやすい分量
・ロマネスコ …1/2株
・カブ …適宜
・カボチャ(または人参) …適宜
・ピンクペッパー …少々
〈A〉
 ・オリーブオイル …大さじ1
 ・レモン汁 …大さじ1/2
 ・塩 …少々

【作り方】
1. ロマネスコは小房に切り分け、カブとカボチャは約1㎝幅にスライスする。
2.蒸し器に並べ入れ、約5分間蒸す。
3. ロマネスコをツリーに見立てて盛り付け、星形に型抜きしたカブとカボチャ、ピンクペッパーをトッピングする。
4.食べる直前によく混ぜ合わせた〈A〉を回しかける。

* 蒸し器がない場合、ロマネスコは切り分けてから茹でてもOK。
*カブ、カボチャはスライスしてから電子レンジで加熱してもOK。
(カブは1分、カボチャは2~3分)
いかがでしたか?冬が旬のロマネスコは栄養価が高く、ツリーに似た見た目も印象的です。
加熱すると柔らかくなり、また甘みが増すためスープにもぴったり。ステーキなど肉料理の付け合わせにちょこんと飾ってもかわいいですよ♩

冬のインナービューティーライフにぜひ、旬のロマネスコを取り入れてみてくださいね!

前回の記事はこちら

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ イタリアン おしゃれ リゾット

自宅で作るイタリアンというと皆さんパスタがまず思いつくと思いますが、実はリゾットも意外と簡単に作れることをご存知ですか?しかもリゾットには非日常感もあり、食卓に並ぶといつもよりちょっとオシャレになった感じもし…

まとめ レシピ パン

初心者さんのパン作りには『ソーダブレッド』が絶対オススメ!発酵する時間がいらないから、材料を計り始めてあっという間に完成!周りはサクッ(ザクッ)、中はしっとりの時短パン♡見たらすぐに作りたくなるアレンジアイデ…

パンケーキ レシピ ティラミス スイーツ まとめ

最近話題になっているティラミスパンケーキをご存知でしょうか?ティラミスとパンケーキをコラボさせた新しいハイブリッドスイーツとして注目を集めているそうです。今回はティラミスパンケーキのレシピを紹介します♪

レシピ おつまみ まとめ

キャベツがおいしい季節です。食物繊維たっぷりでヘルシーなキャベツは、美肌にも効果がある優れもの食材!今回は、そんな女子に嬉しい食材「キャベツ」を使って簡単に作れる10種類のおつまみレシピをご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

日本酒

日本酒の味の説明などで、よく「フルーティー」という言葉が出てきますよね。しかし、日本酒にはもちろん果物は使われていません。なぜフルーティーな味わいがするのでしょう?そんな不思議から、おすすめの日本酒まで一挙ご…

まとめ

名前は聞いたことがあっても、なかなか調理したり、食べたことがある人は少ない「モロヘイヤ」。しかし野菜の王様、とまで呼ばれるだけあって、その栄養価は抜群!食べないなんてもったいないのです。今回はおすすめの食べ方…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/