ローディング中

Loading...

お雑煮は地方によって様々な風習があります。自分の家のお雑煮が「ふつう」とみんな思っていますが、地域によって家庭によってさまざまなんです!今回は、地域のお雑煮や少し珍しいお雑煮をまとめてご紹介をします。

あなたのお雑煮はどのスタイル?

お正月といえば、お雑煮!日本人ならば一度は口にしたことのある、季節の料理です。
あなたの家ではどのようなものが出されていますか?地域によって、家庭によって、その味はさまざまです。
そこで今回は、関東・関西の特徴的なお雑煮や、地域によって違う少し珍しいお雑煮などをまとめてご紹介!
さてあなたは、どのようなスタイルのお雑煮が好みですか?

関東と関西のお雑煮の違い

おもちの形…関東は角餅、関西は丸餅

まずは、“関東と関西のお雑煮の違い”をまとめてみました。

よく耳にするのは、“おもちの形”。お雑煮になくてはならない存在ですが、その形が関東と関西では違うのです。
関東では角餅を、関西では丸餅を入れるのが一般的とされています。
もともとは日本中で丸餅が使われていたのですが、江戸時代に人工が集中した江戸では「いちいちおもちを丸めていられない!」ということで、切るだけで簡単に大量生産のできる角餅が主流になったといわれています。

味付け…関東はすまし、関西は白味噌

これも聞いたことのある方が多いと思いますが、関東ではおすまし仕立てで、関西では白味噌仕立てで食べることが多いようです。すましでは上品な味わいに、白味噌では少し甘めになり、それぞれにいいところがありますよね。
こちらも実は、もともと味噌で味付けすることが全国的に主流でした。しかし、武家文化の広がりにより武士が「味噌をつける(失敗をしてしまうこと)」という言葉を嫌い、おすまし仕立てが広がったと言われています。

関東と関西の一般的なお雑煮レシピ

関東のお吸い物雑煮

具材には、鶏モモ肉と焼いた角餅、飾り切りのほどこされたカマボコを採用。ダシと醤油で味付けされた上品な味わいは、おせち料理などを堪能したお腹にホッと落ち着きを与えます。
三つ葉やイクラ、ゆずの皮などが見た目のアクセントと風味をプラス。お正月らしい温かい一杯は、優しい気持ちになりますね。

関西の白味噌お雑煮

梅の花の形にくり抜かれたニンジンと、添えられた三つ葉が色合いのアクセントになっていますね。白味噌のほんのりとした甘みと柔らかい風味は、馴染みのあるお味噌汁の味。
白味噌をいつもより多めに溶かすと、少しとろみがついてより深い味わいになるのだとか。トロトロと舌の上を流れていき、体の芯から温めてくれます。

少し珍しい地方のお雑煮

島根県出雲地方「小豆雑煮」

材料も見た目も、完全におしるこ…と思ってしまいそうなこちらは、鳥取県出雲地方で受け継がれているお雑煮。出雲では、小豆の汁をベースとした甘いお雑煮が伝統的なのだそう。
おせち一緒に…というよりは、おせちを食べたあとに味わいたい一品ですね。

香川県「あん餅入り雑煮」

西日本に位置する香川県は、やはりベースが白味噌。さらにそこに、“あん餅”を入れるのが香川流なんです!
甘味の流通が少なかった時代、あん餅は重宝されました。その貴重なあん餅を、おめでたい日(正月)に食べるお雑煮に入れたことが始まりと言われています。

もし知らずにこのお雑煮が出されたら…かなり戸惑いそうですよね。
しかし、意外にも白味噌とあんこの相性は抜群!ダシにあんこが溶け出し、それをすするとお正月を感じるのだとか。

奈良県「きなこ雑煮」

関西風・白味噌ベースのお雑煮の中に入っているおもちに、別皿のきな粉をたっぷりとつけて食べるのが奈良風。その名も「きなこ雑煮」です。
昔、海なし県である奈良は大豆でたんぱく質を摂取していたことから、「きなこ雑煮」が普及したと言われています。ほかにも豊作祈願などの言い伝えもあるようです。
煮込まれたおもちにきな粉をたっぷりとまぶすので、まるで安倍川もちを食べているような味わいなのだとか。おもちときな粉のコンビは馴染み深いので、あまり抵抗なく食べられそうです。

沖縄県「中身汁」

沖縄県にはお雑煮を食べる習慣がないようで、その代わりに食べられているのが「中身汁」という郷土料理です。“中身”とは豚の内蔵のことで、いわゆる「中身汁」とはモツを具にしたお吸い物のこと。
きちんと臭みをとり、こんにゃくやシイタケなどを加えて醤油などで味を整えます。あっさりとしたダシにモツの旨みが染み出しているので、お正月から元気が出そうな一品です。

福岡「博多雑煮」

福岡・博多で愛され続けているお雑煮は、焼きあご(とびうお)でダシをとるもの。さらに具としてブリをイン。ほかにもカマボコやシイタケ、鶏肉など、具だくさんなのも特徴です。
シンプルな味わいと豪華な具材の「博多雑煮」は、まさにお正月にはふさわしい一品なのかもしれませんね。

おわりに

お雑煮は、“我が家”の色がとてもよく出る料理なのかもしれません。母から教えてもらうその味を子へと引き継ぎ、さらに代々受け継がれていきます。
地域によって味が変わることはもちろん、家庭によっても違ってくるので、言ってしまえばお雑煮は「究極の家庭料理」なのかもしれませんね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

蒲田 餃子 中華 まとめ

蒲田の餃子は栃木県出身の僕も侮れないと思ってます。 ちなみに歓迎という蒲田のお店で餃子10人前を一人で食べたことがあります(笑)

しゃぶしゃぶ まとめ

しゃぶしゃぶ温野菜にて、期間限定・八丁味噌のすきしゃぶ特撰コースが開始。期間は、11/27(木)~1/21(水)まで。キーワードは、“オトコを上げる「大人の冬鍋」”!とろける霜降り黒毛和牛特上ロースを好きな男…

まとめ

2014年10月、ニューヨークタイムズにおいて世界の子どもが朝食に何を食べているかを掲載した記事が大きな反響を呼んでいます。そこで今回は記事で紹介された子どもの朝食の一部を抜粋しご紹介致します。

スイーツ レシピ まとめ

オーブンやトースターで焼けば何でもおいしくなるのかも?と思えるほど皆さん様々なものを焼いています。既製品にひと手間加えてさらなるおいしさが味わえる焼きレシピをまとめて紹介します。

パンケーキ スイーツ ハイブリッドスイーツ まとめ

クロナッツなどを筆頭に、2種類以上の異なるメニューを掛けあわせたハイブリッドスイーツが話題になっていますよね。大人気のパンケーキにもそのブームは到来しており、続々とハイブリッドパンケーキが登場♪食べられるお店…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

牡蠣

冬の美味「牡蠣」は鮮度が良いモノを食べてもお腹を壊してしまう事があるので、ちょっと難易度が高いイメージ…。しかし、あたる理由は牡蠣ではなく違う原因にあるんだとか!牡蠣に潜む「ノロウイルス」について知り、対策し…

ガレット レシピ フランス パン

フランスの名物料理ガレット。コンプレット(英語でコンプリート)は、すべて揃ったや完璧なという意味で、その名の通りハム、チーズ、卵とシンプルなのにとても満足度の高い料理です。前の日に生地を作っておけば、あっとい…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...

ページTOPに戻る