ローディング中

Loading...

みなさんはお子さんのおやつにどんなものを選んでいますか?めんどくさいからって市販のスナック菓子で済ませているという方もいるはず。そこで、今回は子供にとってのおやつの役割について考えてみたいと思います。

子供にとって良いおやつとは?

子供って、おやつが大好きですよね。常に成長・発達する子供は、エネルギーや栄養素が多く必要ですが、まだまだ消化呼吸機能が未発達なので大人のように一度に多くの量を食べられません。

子供にとっておやつは毎日の生活の中の楽しみでもあり、足りない栄養素を補うためのものでもあります。そこで今日は子供のおやつについて考えていきたいと思います!

子供にとってのおやつの目的とは?

子供にとっておやつはとっても大切です。一度に食べられる量が少ない子供は、1日3回の食事とは別におやつを食べることで疲れをとることができます。

さらに、おやつの時間に楽しく食べることは気分転換にもなり、情緒の安定にもつながります。パパ、ママ、お友達など大好きな人と一緒に食べるおやつは本当に美味しいですよね。

また、おやつの前に手を洗う、「いただきます」と「ごちそうさま」の練習をする、食器を片付ける、食べた後に歯磨きをするなど、良い生活習慣を身につけさせるきっかけにもなります。

控えたい市販のおやつ

スーパーに行くと、子供と同じ目線のところに子供がワクワクするようなお菓子がたくさん並んでいますよね。サクサク食感がたまらないスナック菓子、甘いチョコレート、フワフワしたお菓子など子供が欲しくなるものばかりです。

そんな魅力いっぱいのお菓子ですが、中には糖質や脂質などたくさん含むものもあり、決して子供のおやつとしてはおすすめできないものもあるのです。子供にとっておやつは足りない栄養を補うためのものなのであることからも、おやつ選びは気をつけたいですよね。

市販のおやつを子供に与えるときは、甘すぎるもの、しょっぱ過ぎるもの、添加物が多いもの、油をたくさん使っているものなど、いわゆるジャンクフードは避けるようにしましょう!

上手なおやつの選び方とは?

では、健康的なおやつはどのように選んだらいいのでしょうか。おすすめなのが、野菜を使ったおやつです。ホクホクのさつまいも、野菜チップスなどビタミン、ミネラルを豊富に含む野菜なら栄養面もバッチリですよね。

野菜とホットケーキミックスを使ってパンケーキを焼くのもおすすめです。また、市販のものでも、いりこや昆布のお菓子など、よく噛んで食べるおやつも栄養面、健康面ともに良く、おやつの時間にしっかり噛んで食べる練習ができます。

飲み物は、甘いジュースなどではなく、お茶、牛乳などむし歯になりにくいものを選ぶようにしましょう。

フルーツの取り過ぎに注意!

フルーツは甘くてみずみずしくってとっても美味しいですよね。いちご、メロン、オレンジ……と子供も大好きですよね。

フルーツはビタミン、ミネラルが豊富でおやつにぴったりですが、一度にみかんを5、6個食べてしまう、リンゴを丸ごと一つ食べるなど食べ過ぎは気をつけたいところ。

フルーツには果糖という糖分が含まれており、糖を取り過ぎてしまうと、中性脂肪になって肥満の原因になることも。年齢に合わせた量を与えたいですね。

親子で楽しもう!手作りおやつ

子供は誰でもパパやママとの手作りが大好きです。パパやママと一緒にカップケーキを作ったり、白玉団子を作ったりすると忘れられない思い出になるでしょう。共働きがごく一般的になり飽食の時代になったからこそ、大切にしたいのは心の豊かさです。

子供は親が自分のために作ってくれたという愛情を感じ、それがやがて自信につながっていくことでしょう。手作りおやつはカンタンにできるものも多く、決して難しくはありません。

さつまいもを蒸す、ヨーグルトにフルーツを盛り付ける、これだけでも立派な手作りおやつになります。おやつは子供にとって大切なものです。

健康的なおやつを与える、週末は親子で手作りおやつを作るなど、子供の心も体も健康的に育つようなおやつを与えていきたいですね!
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パンナコッタ プリン スイーツ

濃厚クリーミーでぷるぷるなスイーツ、パンナコッタとプリン。この2つの違いって、実は意外とわからかったりしますよね。今回は、パンナコッタとプリン、さらにババロアやムースの違い、そしてそれぞれのおすすめレシピを紹…

ナス

年中食べることができ、色々なメニューで大活躍するなすの保存方法せっかくならばおいしい状態を一日でも長く保ちたいですよね。今回は、なすの長期保存方法から選び方、おいしいレシピまで、たっぷりとご紹介します。

日本人の献立に欠かせないお味噌汁ですが、賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?作りすぎて余ってしまった場合、どう対処したらいいと思いますか?少しでも味噌汁の賞味期限をのばすための保存方法を詳しく紹介します。

ヨーグルト アサイー スムージー

予防医学のアンファーから、食品の新ブランドが登場 「Dr.’s Natural recipe(ドクターズ ナチュラル レシピ)」が登場しました。おいしくて、カラダの中を浄化してくれるクレンズフー…

レシピ

年間を通して安定供給されており、価格から購入機会の多いエリンギ。正しい保存方法を知れば、買い置きしたまま傷んでしまう心配もありません!そこで今回は、エリンギの冷凍・冷蔵の保存方法と、おすすめ活用レシピをご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

「御御御付け」、これ何て読むでしょう?正解は、お・み・お・つ・け。日本人なら、いや、日本にいる人なら誰でも一度は食べたことのあるあのソウルフード・味噌汁のことなんですよ。なぜ御が3個も連続しているのか、知られ…

朝晩冷えてくると恋しくなるのが「お鍋」。秋冬には大活躍なお料理です。Instagramでも、大根おろしを使った、アートな鍋が話題になってきました。そこで今回は、初めてでも作りやすい「しろくま鍋」を作るポイント…

yukky

和洋中なんでも好き、スイーツも好き、ビールフェスはもっと好き。最近...