ローディング中

Loading...

ただでさえ仕事で疲れているのに、やることがたくさんあって、時間と気持ちの余裕がない。。。そんな、日々忙しくしている共働きママさんのために”パパッと食事を作れちゃう時短テクニック”をご紹介します。

共働きママさんのための時短テクニック

共働きママの悩みといえば、仕事と家事の両立ですよね。やりたいこと、やらなきゃいけないことは山ほどあるのに、時間と気持ちの余裕が足りません。

ただでさえ疲れているのに、できないことを諦めることでまた気持ちが疲れたり、ついつい子どもに声を荒げてしまって落ち込んだり…。

とにかく共働きママにとっては時間と気持ちのコントロールがとても重要!

今日は共働きママにとって大きな課題である「食事作り」の負担を軽くするテクニックをいくつかご紹介します。

■すぐに出せる健康おやつを用意しておく

仕事を終えてやっと帰ってきたと思ったら、子どもの「おなか空いた〜!」攻撃…!それだけで気持ちの余裕、なくなりますよね。

ついつい食事の前にお菓子を与えてしまうこともあると思います。そんな時はお菓子ではなく、栄養のある健康的なおやつをあげるようにしましょう。

そうすることで罪悪感も減りますし、落ち着いてご飯が作れます。おすすめはマリネやピクルス。酢漬けなら日持ちもするので、冷蔵庫に常備しておくと便利です。

何もない時は冷凍枝豆やジャガイモやさつまいもをレンジで温めたものでもいいと思います。

■野菜は切っておく

買ってきた野菜は切ってから保存しておくと、調理の時に時間が大幅に短縮できて便利です。にんじんやキャベツ、大根、玉ねぎなどは千切りにして塩をまぶして保存しておけば、サラダや味噌汁の具に使えて便利。

短冊切りで塩こしょうで炒めて保存しておいても、炒め物や煮物などに幅広く使えて重宝します。よく使う用途に合わせて保存しておくと調理のイライラも軽減できますよ。

ほうれん草などの葉物は鮮度の高いうちに茹でて水気を切り、冷蔵か冷凍保存しておくと、おひたしや和え物にすぐ使えて便利です。

■かたまり肉は調理しておく

鶏肉や豚肉のかたまり肉は一気に加熱調理しておくと、その後様々な料理に使えて便利です!
お肉をかたまりのまま塩こしょうをして、お肉が浸るくらいのお酒にショウガを加えて、蓋をして蒸し焼きにするだけ。

残った煮汁と一緒に保存しておけば固くなるのも防げます。使う時にカットしてソテーにしたり、煮物に使ったり、そのままサラダに使ったり。

味付けが薄くなっているので、どんな料理にもアレンジできます。

■スープ、汁物はまとめて作る

スープなどの汁物はまとめてドカン!と作ることをおすすめします。残ったスープは冷めたら鍋ごと冷蔵庫に入れて保存してしまいましょう。

味噌汁は出汁で具材を煮た状態で保存し、毎食食べる分だけ小鍋に移して味噌を溶く方がベターです。

■子どものいない時にまとめて作る

子どもが出かけている間、子どもが寝た後など、集中して作れる時間があったらその時に常備菜を作り置きしておくのも共働きママのテクニックですね!

■子どもと一緒に「目標」を決めて作る

もしくは子どもと一緒に作るのもおすすめです。子どもと一緒だと時間がかかるし、汚れるからイヤ、という方もいらっしゃると思いますが、小さい頃から一緒に料理をする経験を積んでおけば、数年でしっかり料理を手伝ってくれる頼もしいパートナーに育ちます。

先行投資と割り切って、早いうちから料理を手伝ってもらうことをおすすめします。その時にやみくもに手伝ってもらうと、子どもも「手伝っている」という意識が薄いままなので、ふざけたり、遊んだりしてはかどらないことがあります。

そこで、始める前に「目標」を決めて取り組んでみてはいかがでしょうか。「◯時までにここまで終わらせよう」「◯時までに◯◯を作ろう」などと2人で目標をしっかりと決めて、達成目指してゲーム感覚で取り組んでもいいかもしれません。

「◯◯ちゃんがサポートしてくれたら達成できるかも!」「◯◯ちゃんのおかげでできた!」など達成感を感じる言葉を伝えてあげれば、きっと子どもも喜ぶはずです。

■まとめ

備えがあれば心の余裕も出てきます。いつも笑顔で、美味しく栄養バランスの取れた食事をパパッと出せるママ目指して、お互いに頑張っていきましょう!
提供元

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし レシピ

あなたの家に電子レンジがあるなら、とうもろこしを沸騰したお湯で茹でるのはもうやめましょう。光熱費の節約のためにも、その味を余すことなく楽しむためにも、とうもろこしは電子レンジで手間なく茹でるのが一番です♩

天ぷら 和食

天ぷらは時間が経つとしんなりしてしまって、微妙な食感に。揚げ方をひと工夫すれば、揚げたてがサクサクになるのはもちろん、食感をキープできることをご存じですか?今回は、素材別の最適な揚げ方、コツをご紹介します!

マグカップ レシピ

レンチンであっという間にできあがり!忙しい時にぴったりなマグカップごはんを、あなたの朝に取り入れてみませんか?手間なく簡単にできて、その上見た目はフォトジェニック♩気持ちのいい朝のひとときを素敵に彩ってくれる…

にんにく

にんにくの皮むきでイライラしたことはありませんか?小房を包んでいる薄い皮が実に貼りついて取れない……!そんなお悩みも、にんにくを冷凍するだけで解決するんです。詳しいむき方を、写真と一緒にご紹介します♩…

春雨 レシピ まとめ

つるつる食感がおいしい春雨は、低カロリー食品としてダイエット中の方に人気です。スープにするとボリュームが増すので食べごたえがあり、小腹が空いた時にもおすすめですよ。今回は、春雨スープの簡単レシピを調理時間で分…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ まとめ

ムール貝は豪華な食材で、どのように料理に取り入れたらいいのかと悩んでいませんか?しかし酒蒸しを始めとした人気のレシピは、意外と簡単に作ることができるんですよ。この記事では、ワインのお供になるムール貝のレシピを…

レシピ

手がかかるイメージのホワイトソース。急いで食事の準備をしたいときにイチから作るのは少し面倒ですよね。そんな時はまとめて作って冷凍してしまいましょう!小分けに冷凍しておけば、ソースはもちろん、グラタンやコロッケ…

rinda

全国食べ歩きが趣味です。あとフードイベント系はもっと大好きです。

ページTOPに戻る