ローディング中

Loading...

アボカドとチョコレートはミスマッチに聞こえるかもしれませんが、完成したトリュフを食べるとそんな考えは吹き飛んでしまいます。 濃厚な口当たりはトリュフをよりリッチにし、アボカドの味はどこかへいってしまったかのような至福のスイーツをどうぞ!

アボカドトリュフの作り方

【材料】10〜12個分
●よく熟れたアボカド....1個 すり潰したもの
●ダークチョコレート....150g 溶かしたもの
●バニラエッセンス....小さじ半分
●シナモン....小さじ1/4
●ココアパウダー
【作り方】
1.電子レンジ対応のボールにダークチョコレートを入れて溶かします。
2.別のボールにアボカドを入れて潰します。
3.滑らかになったチョコレートをアボカドのボールに入れます。
4.よく混ぜ、バニラエッセンスとシナモンを入れます。
5.小さな固まりがなくなり、完全に混ざって滑らかになれば30分冷蔵庫で冷やします。
6.冷えて固くなれば10〜12個に分け、滑らかに丸めます。
7.丸めたらココアパウダーをつけて完成です。
8.密閉容器に入れて保存します。
アボカドとチョコレートはミスマッチに聞こえるかもしれませんが、完成したトリュフを食べるとそんな考えは簡単に吹き飛んでしまいます。
濃厚な口当たりはトリュフをよりリッチにし、アボカドの味はどこかへいってしまったかのようです。
アボカドをトリュフに使う利点は、第一にその栄養価にあります。

他の果物に比べアボカドはタンパク質も多く、中位の大きさのアボカドにはタンパク質が平均4gも含まれていて、ビタミンと繊維も多く含まれています。

通常のトリュフよりもヘルシーな仕上がりのチョコレートを堪能して下さい!
※このレシピのトリュフ1個あたり

94カロリー、脂肪6.6g、トランス脂肪0g、飽和脂肪3g、糖質8.5g、砂糖5.5g、塩分10mg、 繊維1.9g、タンパク質1.4g、コレステロール2mg

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

西麻布 トリュフ コース料理

フレンチごはん 西麻布GINA(ジーナ)に、期間限定の「GINA納涼サマートリュフづくしコース~夏祭りをイメージして~」が登場!夏祭りで定番の料理たちが、フレンチごはんに生まれ変わりました♩サマートリュフの豊…

スイーツ

銀座コージーコーナーから、全国の店舗でディズニー・デザインの新作スイーツギフト3品が夏季限定で発売!今夏は“大人カワイイ”ナチュラルテイストの缶やポーチに、はちみつテイストの焼菓子がアソートされたスイーツギフ…

レシピ カクテル

「アマレット」というリキュールをご存知ですか?馴染みのある方には、すぐにピンと来るかもしれませんが、普段お酒を飲まない方からするとなんだろう?と疑問に思いますよね。アマレットを使ったオススメのカクテルをご紹介…

麻婆豆腐 レシピ まとめ

麻婆豆腐の献立にぴったりの、おいしいおかずをご紹介!サラダ、スープ、副菜、ご飯など、トライしてみたくなる素敵なアイデアレシピが満載です。いつもの麻婆豆腐と合わせて、ぜひ食卓に乗せてみましょう。バランスよく、お…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

寿司 まとめ

三月三日のひな祭りに是非作りたい、かわいいちらし寿司のアイデアを「8」個ご紹介します!女の子のための日に雛飾りと一緒にかわいいちらし寿司を作れば喜ばれること間違い無し!お子さんがいる方は必見です♫

スイーツ レシピ まとめ お菓子

春巻きの皮はスイーツに使える、とは聞いても、具体的にどんな使い方をすればいいの?と思っている方もいらっしゃると思います。そんな方に見てほしい、春巻きの皮を使ったスイーツのレシピを紹介します♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

吉祥寺 カフェ 台湾

同居中のキキとリリー、そして美容師の菜穂、3人が久しぶりに集合!今回は吉祥寺にある古民家カフェ「月和茶」で、本格台湾ごはんと体に優しいスイーツを堪能します。意外な“あの”食材が使われた具だくさんパフェにびっく…

レシピ

真っ赤なピーマン、パプリカ。生でも焼いても、幅広く使えるパプリカはおしゃれなだけでなく、栄養満点のアンチエイジングべジタブル!今回はそんなパプリカのインナービューティーに役立つ栄養と簡単レシピをご紹介します。

ページTOPに戻る