ローディング中

Loading...

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかがでしょうか?♫

相手を感動させちゃう日本酒のプレゼント方法♡

この記事は、日本酒を中心としたSAKEカルチャーを世界に伝えるWEBメディア「SAKETIMES(サケタイムズ)」の提供でお送りします。
皆様こんにちは(^.^)

SAKETIMES専属ライター、日本酒学講師のsake_shinです。「日本酒の魅力をデザインする」をモットーに普段は飲食店のプロデュース企画、コンサルティングを行っております。

はじめに

本日のテーマは
【感動する日本酒のプレゼント方法】
この時期は送別、退職のシーズンです。上司や年配の方の贈り物でよく使われる日本酒なんですが、「なんとなく高級なもの」で選んでいませんか?

「自分は日本酒のことはそんなに詳しくない…でも贈りたい相手は日本酒が好き」

「…んーどうすれば(´∇`)」

そんな疑問にお答えしながら、目上の相手に喜ばれる日本酒を選ぶコツを伝授します。大きな軸は
「日本酒を通して時間をデザインすること」。
それでは、いってみましょう!

1、「若かりし頃」に流行した酒をチョイスする方法

「贈る相手の方が今何歳なのか・・・」

これは重要です。

この機会に日本酒ブームの変遷を振り返ってみましょう!


● 1970~80年代前半・・・淡麗辛口ブーム

● 80年代後半~1990年代・・・バブル吟醸酒ブーム

● 2000年代以降・・・低アルコール・生原酒など豊富なバリエーションブーム


例えば、現在還暦を迎える60歳前後の男性ならば、働き盛りの30歳~40才前後のタイミングでブームを牽引していたのは淡麗辛口のお酒や吟醸酒。淡麗辛口に代表とされる
「久保田」や「越野寒梅」などはその代表格です。
人生の一つの節目となる退職や、送別シーズンには
「若かりしあの頃」の時代、当時の最先端と言われたお酒
をプレゼントにすることで、一層思い出に残る演出ができそうですね☆

2、「定年退職の相手にはコレ!」長期熟成酒を選ぶ方法。

定年退職や、長く同じ場所で働いてきた方に対しては「熟成酒」というプレゼントも効果的です。

人生の大半を過ごしてきた場所から旅立つ。嬉しいことも、悲しいことも、悔しい思いも一緒に。

そんな、本人しかわからない濃密な人生を表現するのにぴったりな日本酒は、「長期熟成酒」と呼ばれます。例えば岐阜県の達磨正宗という蔵元さんは、そんな深みのある長期熟成酒をラインナップして毎年仕込んでいます。

私も父親の退職祝いにはこちらの長期熟成酒をプレゼントしました。父親が37年間同じ職場で勤めあげたということもあり、「父親が入社した昭和53年に醸造され、熟成し続けている37年長期熟成古酒」です。

裏ラベルには昭和53年の大きな出来事が年表になっており、当時の記憶を思い返せます。年がたつにつれ、忘れていった数々の思い出が呼び起こされる、そんなラベルとなっています。

ちなみに私は簡単な手紙を添えて送りましたが、父親はとても喜んでくれましたよ。

3、ゆかりのある土地・銘柄でエピソードをリマインド!

あなた、もしくはあなた方と相手には、数々のエピソードがあるはず。

相手の方とのエピソードがある場所の日本酒をチョイスすることも非常に効果的です。例えば、仕事で一緒に行った出張の場所が思い出の場所かもしれませんし、居酒屋で相談にのってもらったのが印象深いエピソードかもしれません。

日本酒の酒蔵は全国各地に存在します。今なら、ネットショッピングでいろいろなお酒が選べますし、ゆかりのあるエピソードを添えてプレゼントをしてみてはいかがでしょうか?

4、必ず「手紙」や「一言」を添える!

今回は日本酒を使って、普段の感謝の気持ちを表現し、相手に喜んでもらうことが目的です。ですので、上記3つの方法を選んだあとは、「なぜこの日本酒を贈ったのか」を明確に表現することが大切だと思います。

「贈る側のストーリー」を知ったとき、「こんなに考えてくれたんだな」「自分のことを良く知ってくれているな」と、きっと大きく感動してくれるのではないでしょうか?

こちらは私が父に贈った文面の一部です。
日本人は照れ屋なので、面と向かって伝えることは苦手な人も多いですが、こんなときしかハッキリと気持ちを伝えられることはありません!しっかりと自分らしく表現してくださいね(^^)/

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

レシピ まとめ

具だくさんな「けんちん汁」は野菜がたくさん摂れるのが魅力。今回は、けんちん汁の基本レシピや、圧力鍋を使った時短レシピ、味付けで楽しむアレンジレシピもご紹介!おいしく作るための下ごしらえのポイントも実践編で説明…

餃子 宇都宮 まとめ

餃子の街・宇都宮には、なんと200軒以上も餃子のお店があります!地元でも人気のおすすめ餃子店12選とお店イチオシメニューも一緒にご紹介。宇都宮で餃子を食べるならぜひ立ち寄ってみたくなるお店が満載です。気になる…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

銀座 中華 コース料理

銀座の街にオープンした中華料理店の「レンゲ」。中華だけでなく、イタリアン、スパニッシュなどの修行経験を持つシェフが考案したコースメニューが食べられます。今までにない新しい中華料理であり、ワインにも合う味を楽し…

京都 専門店 チョコレート

私たちが日ごろ目にするチョコレートは、商品化されたチョコレートであって、加工、またはカカオ豆の状態などほとんど知らないですよね。自分のお店で豆からチョコレートを作り、真剣にカカオを愛する「ダリケー」を紹介しま…

rinda

全国食べ歩きが趣味です。あとフードイベント系はもっと大好きです。

ページTOPに戻る