ローディング中

Loading...

これから気温がぐんぐん上昇し、いよいよお弁当が傷みやすい季節がやってきます。中でも怖いのは「サラダ類」ですね。今回は、お弁当サラダを傷ませないための工夫とコツを調べてみました。

野菜もちゃんと食べて欲しいから…

これからの季節、気温がどんどん上がって新鮮野菜の旬がやってきますね♪毎日作るお弁当にも、彩りの良い生野菜やサラダを入れたくなったりするものです。

でも、お弁当のサラダって結構痛みやすいと思いませんか?
ポテトサラダ、コールスロー、タマゴサラダなど、お弁当に入れたくなるサラダは何故か傷みやすいものばかり。

せっかくのお弁当が、サラダを中心に傷んでしまった…なんて経験、お持ちの方は少なくないと思います。
でもせっかくのお弁当と美味しいお野菜!
バランスよく食べて毎日元気でいて欲しいから、お弁当サラダを傷ませないコツと工夫を探してみました。

①清潔第一!アルコールや酢を活用しましょう。

調理前後に手を洗うのはもちろんですが、使った器具も清潔を保ちましょう。サラダ用の容器にはアルコールスプレーを使ったり酢を薄く塗りこんでおくことで、容器から移る雑菌の繁殖を抑えることができます。

レタスなどに直接載せるのではなく、シリコンカップなどを使ってほかの食材としっかり区切っておくことも大切なポイントです。

②火を通すこと。水分を飛ばすこと。

お弁当に入れる食材は、できるだけ水分を飛ばしましょう。また、生で食べられるような材料にも、しっかりと火を通しましょう。

練り物、ハム、葉物野菜など、水分をできるだけ取るか一度さっと茹でたり炒めたりする方が安全です。きゅうりなどの水分が多い生野菜は、塩で揉んだりすることで傷み具合が変わってくるようです。

③マヨネーズは出来るだけ避けて!

ポテトサラダ、スパゲティサラダなどにつきもののマヨネーズは、お酢を使っているので傷みにくい食材ではあります。しかし、他の食材と混ぜ合わせることで傷みやすい食材になるんです。

特にでんぷん質の多いものや卵と混ざると傷みやすく、残念な結果に終わることも…。
どうしても使いたい場合は、別添えで小さいマヨネーズを入れてあげましょう。

傷みにくいポテトサラダを開発した方がいました。

http://macaro-ni.jp/12754

ケロヨンcpさんのレシピ♪

マヨネーズを使わず、粉末スープを味のベースにした一品。

魚肉ソーセージなどの具材は全て火を通して水分を飛ばし、ブロッコリーもキッチンペーパーで水分を極力拭き取っているそうです。

④デンプン質は傷みやすいので要注意。

じゃがいもなどのデンプン質はそもそも傷みやすいため、芋の煮物などもNGが多くなりち。でも野菜を入れたいという場合は、澱粉の少ない野菜、水分が出にくい野菜などを利用しましょう。

プチトマトは水分が多いけれど傷みにくい野菜です。ヘタをとって洗い、綺麗に水気を乾かしてから入れれば問題ありません。

⑤殺菌作用のある食品を活用する!

昔から、ワサビや梅干には殺菌防腐作用があると言われ、活用されてきました。暖かい季節のお弁当にもそれらを使って鮮度を保つ方法が適しているようです。その他では、お酢、大葉、生姜、カレー粉なども殺菌防腐に優れています。

ポテトをどうしても使いたい時はカレー粉を混ぜる、サラダには刻んだ大葉をミックスする、生姜を活用するなど、アイデアを凝らしてみるとよさそうですね。

お弁当に有効な食材を使ったサラダがありました♪

http://macaro-ni.jp/12754

ユズまがりん♪さんのレシピ☆

素材を塩もみしてよく水分を切り、調味料と梅を混ぜて出来上がり。ポイントは塩と梅かもしれません。塩もみして水分をよく切ることと梅を混ぜることで防腐効果アップです。
梅マヨ味が食欲をそそる一品♪

大葉活用の生春巻きラップサラダ♪

ラップで巻いて作るので、ラップのまま切ってお弁当に入れたら、他の食材とくっつくことなく衛生的です。大葉を活用してヘルシーに、野菜とタンパク質をバランスよく取り入れることができそうですね。

⑥保冷、抗菌シートなどのアイデアを活用する!

お弁当のご飯やおかずはしっかり冷ます。それが基本ですが、やっぱり保冷剤は強い味方。サラダ類の傷む率がグンと減ります。冷凍させたカップゼリーや、冷凍のまま詰め込むおかずシリーズなどを保冷剤がわりにお使いの方は多いようですね。

また、抗菌シートの技術が進み、期待が高まっています。抗菌バランなどもあり、生姜やわさびの防腐力を生かしたものが市販されていますので、そちらを活用するのもよさそうです。
http://macaro-ni.jp/12754

お弁当用抗菌シート50枚入×4袋(200枚入)

¥2160

Amazonで購入
わさびの揮発性分を使用するため、小さくてもお弁当箱の中に抗菌作用が充満するという仕組み。わさびの香りがしますがお弁当ににおい移りすることはないそうです。

コツ、わかりましたか?☆

あったかい季節、お弁当の基本は「しっかり加熱」「水分を飛ばす」「冷ます」が大切。サラダもちゃんと水分を切って別容器に入れる、ドレッシングやマヨは別添する、抗菌食材を使うなどの工夫をすると良さそうですね。

いろんなアイデアを駆使しておいしく安全なお弁当を作りましょう♪

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サラダ アレンジレシピ

そのままではもちろん、サラダやパスタにかけてもうまみの増すカリカリベーコン。朝食ブッフェなどでもよく見かけますよね。今回は、カリカリベーコンの作り方や簡単アレンジレシピなど、盛りだくさんでご紹介します!カリカ…

おにぎり レシピ まとめ お弁当

クリスマスといえばチキンやケーキが定番ですが、最近では「サンタおにぎり」に注目が集まっているようですよ。今回は、基本的なレシピからアイデアレシピまでたっぷり11選をご紹介。キュートなサンタおにぎりで、クリスマ…

お弁当 レシピ

お弁当の定番、うずらの卵。そのうずらの卵を使った「うずらひよこ」が可愛いと話題になっていることをご存じでしょうか。今回は、酉年にぴったりな「うずらひよこ」の作り方や、「うずらひよこ」のアイデアレシピなどを紹介…

お弁当 おにぎり

かんたんにかわいく作れる「雪だるまおにぎり」が、いまインスタなどで大人気。いつもの料理にも、雪だるまおにぎりを添えるだけで、クリスマスっぽく激変します。みんなはどんな材料でデコっているのか、どんな盛り付けがあ…

おしゃれ まとめ お弁当 スイーツ

Instagramで人気急上昇中の「小人ピック」は、クリスマスシーズンには最適です!赤い木こりさんのピックで、スイーツやお料理のしあげに飾るだけで華やかに。その愛らしさにみんな夢中なんです。どんな風に使うか、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

女性に多い貧血は、食事で予防・改善することが可能です。今回は貧血の原因、症状、おすすめレシピを含めて、数ある貧血のうち、もっとも頻度が高い鉄欠乏性貧血に効果があるといわれている食べ物を詳しくご紹介します。

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

まとめ カップケーキ ハロウィン

カップケーキがとてもポピュラーなアメリカでは、最近、見て楽しめるカップケーキを作るお店が増えてきたそうです。アイデア次第で、ユーモラスなカップケーキから安らげるカップケーキまで様々な作品が出回っていますね。家…

レシピ スイーツ フランス

フランスで話題の、ひとつの生地を焼くだけでなんと3つの層が出来上がるという「魔法のケーキ(マジックケーキ)」。そのレシピ本が遂に発売。難しい工程や材料などを要さずに、見た目にも豪華で美味しく作る事ができます。…

yuyuknight

北海道在住の占い師。食道楽が高じて記事書くようになりました(笑) ...

http://ameblo.jp/find-me-express/