ローディング中

Loading...

マグカップセーターをご存知ですか?マグカップにセーターを着せるように毛糸や布の素材で作ったカップ専用のデコレーションアイテムです。オシャレにできるだけでなく、保温性を高める、スリーブの代わりに!ぜひマグカップセーターを活用してくださいね♪

マグカップにセーター?

「マグカップセーター」とはマグカップに使用する毛糸などで編んだスリーブのこと。保温性を保つだけでなく、熱くて触りにくいカップの表面から手を守ってくれる優れものです。
今回はマグカップセーターの作り方と、デザインアイデアをご紹介します!

マグカップセーターの作り方

今回作り方をご紹介するマグカップセーターのできあがりはこちら♪
1. 棒針で目を作り編み込んでいきます
2.1つの棒針に36目を作ります。
3. 4本の棒針に同じように36目を作り、4つに分け編み込んでいきます。
4. 毛糸に棒針を差し込んでは引っ掛けるを繰り返し、輪を作ります。
5. 希望の長さまで輪ができたら全ての編み目を止めていきます。
6. 上を全て編み込むとこのような形になります。
完成です!上の写真のようにジュエリータイプのチャームを付けても、使っていないコサージュを付けてもデザイン性が高まります。

色々なデザインが!

ボタンを使ったマグカップセーター。取り外しができるのが便利ですね♪
取っ手を付けて持ち歩きができるマグカップセーターも!ちょっとしたお散歩のお供に良いかもしれません。
単色ではなく複数色を使ったマグカップセーター。また飾り編みと組み合わせるとデコラティブになりますね♡
あれ...どこかで見たことがあるような...。自分の好きなキャラクターをモチーフにすると使うのが楽しみになりますね!
マグカップセーターの中でも高い人気なのがふくろうモチーフ。動物デザインはお子様が喜んでくれそうですね。

オシャレしたマグカップでご機嫌♪

オシャレだけでなく実用性を兼ね備えたマグカップセーター、ぜひ挑戦してくださいね♪編み物がお好きな方はたくさん作ってお着替え用を作ると、いつものマグカップと雰囲気が異なるので使用が楽しくなること間違いなしです♪

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

人気バラエティ番組『マツコの知らない世界』で、自称「100均DIY日本一の主婦」中橋美輝さんが「100均DIYの世界」を紹介しました。最近の100円均一の商品は、丈夫でデザインも良くDIYの素材向きなものが多…

調味料

今、100均のアイテムを使ってDIYを楽しむ方が急増中です。キッチンを片付けるラックも100均で♩そこで今回は、すのこなどを使ったスパイスラックの作り方をご紹介します。おしゃれなラックを作って、キッチンを整理…

おやつ

アップルフライドポテトって聞いたことありますか?マックそっくりののフライドポテトをりんごで作る試みが、今インスタグラムなどで話題となっているのです。いったいどうやって作っているのでしょうか?詳しい作り方もご紹…

スイーツ クッキー

おやつにもプレゼントにもよい手作りクッキー。賞味期限はどれくらいかご存知ですか?手作りクッキーの賞味期限は市販のクッキーとは異なります。サクサクの食感を損なわない保存の仕方や冷凍保存のコツなど、手作りクッキー…

マグカップ

北欧フィンランドの陶器メーカー「アラビア」社が製造・販売しているムーミンマグカップが、世界中の人に愛されています。熱烈なコレクターもいて、廃盤はオークションで高値で取引きされることも!ムーミンマグの歴史とアイ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

皆さんはまな板にこだわっていますか?料理の度に使うまな板だからこそ、こだわると生活がちょっとハッピーになるのかもしれませんね♪今回は毎日使いたくなるようなおしゃれな「まな板」をまとめました。皆さんもお気に入り…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

鹿児島 スイーツ まとめ お土産

鹿児島には黒豚、カツオ、さつま芋など、全国に誇れるような良質な素材がたくさんあります。それらを活かした鹿児島グルメは必見です!今回は鹿児島に行ったら絶対に買って帰りたいおすすめのお土産をまとめました。

レシピ 揚げ物 まとめ

かき揚げをサクサクに仕上げたいのに油を吸収してボテッと重くなりがちなんて人も少なくないはず。ひと口食べたときにサクッといい歯ごたえが楽しめるかき揚げの作り方のポイントをまとめました。アレンジレシピも紹介します!

Enorme

食欲の秋ですね♪ 皆さんが興味のある食の情報をお届けします。